偽善者ホイホイ「ザコーブ」,それ仕事で使えないし,未来を選ぼう2010

偽善者ホイホイ

http://movie.maeda-y.com/movie/01477.htm

「(人間のために演技するのが嫌で)イルカはぼくの腕の中で自殺したんだ。目を見てそれがはっきりわかった」などと出演者のイルカ調教師が大真面目で語る映画だから、内容の正確性も推して知るべしと誰もが思っていたが、こうした冷静な議論を経て私たちの元での上映はスルーする事にした。

....本当だったらヒドイなあ.*1

さて、そろそろ映画の内容についてだが、私が始めてこれを見たとき笑ったのは、サーフボードにのって抗議活動をしていた金髪美少女二人が、太地町の屈強な漁師に力づくで排除され、泣かされる場面である。太地町漁師たちの、ヤクザで暴力的な性格を知らしめようというシーンだ。

だが、顔を見ればこの二人はシー・シェパードの支援活動家として名をはせる有名なハリウッド女優。もちろん、泣く演技などお手の物だ。ヘイデンさん、何してるんですかと私は思わず声をかけたくなった。顔にモザイクをかけるなら、彼女らにかけなければ(プロパガンダの)意味がない。

漁港でサーフボードやジェットスキーに乗ってたら,それだけで漁師さんに怒られて当然だと思います。

採用側の常識,世間の非常識

http://d.hatena.ne.jp/minekoa/20100703/1278140209

履歴書の話をみていておもったのだけれども、結局新卒については、履歴書でなにをアピールしても「それ仕事でつかえないし」とバッサリするのが採用側の常識になっていて。

履歴書なんて自己申告を信用する方がどうかしている.だから実技テストを課すなり技術的な質問をするなりすればよろしい.外資なら普通の話.

で、じゃあどうトンチをきかせるかというと、どうせ仕事を1から教えると腹をくくったわけだから、なるべく素直で従順で、多少の理不尽にもへっちゃらで、辞めない人材という視点で採用したいのだから、

仕事を1から教えるなんて一体だれが決めたんだろう.1から教えるのなら,そのための増員が先でしょ.「教育要員もいないけど,一から教えると腹をくくりました(キリッ)」なんて人事部の冗談は笑えません.

外された理由は「態度が悪かったから」

http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100701/crm1007010200000-n1.htm

。知人によると、ここでは、車のシートのデザインの仕事をしており、本人も仕事を気に入っていたという。だが、人付き合いがもともと苦手なためか、話し方が生意気そうに聞こえることも多かったとされ、マツダ側から「態度が悪いから、デザインチームから外してほしい」と要望があり、担当を外されたことがあったという。

どのくらい「態度が悪かった」かにもよるけど,技術力にも成果にも問題がないのに親会社の圧力で外されれば,裏みに思う気持ちはすごく理解できるなあ.*2

Google 未来を選ぼう 2010

http://www.google.com/appserve/senkyo2010/
メモ.

*1:そんなので分かるなら警察の捜査なんて要らないし,イジメだって未然に防げるって.

*2:いじめっ子は虐めたことなどすっかり忘れていても,虐められた側は忘れない物だよね.